2022年11月11日

企業が適切な保険に加入するために、労働災害の社会保険、生産物の使用者責任保険、団体旅行傷害保険の違いは何ですか

業員自身を対象と

私たちの会社で働く人が直面する労働災害の3つの家傭保險

基本的な保護として、「労働災害社会保険」「使用者賠償責任保険」「団体傷害保険」は、似ているようでいて、対応するリスクや性質が大きく異なります。


まず、最も低額で一般的なのは、私たちの社会保障の5つの保険のうちの1つである「労働災害保険」です。 雇用主が負担し、国から労働者に与えられる基本的な社会保障制度である。 ただし、基本的な保護であるため、労災保険でカバーできる賠償責任には限度があります。 下の表は、労働災害保険でカバーされる内容を明確にしたものです。


表中、黄色の部分は、私たちの労働災害保険会社が払い戻すことができる範囲です。 あなたは、労働災害保険は確かに私たち中国企業がリスクの大部分を解決する必要があるのに役立ちますが、私たちの国のためにまだカバーされていない青色の領域の大部分があることを自分で見ることができることを見ることができます。


当社は、5~6等級については長期障害給付金を、5~10等級については雇用一時金を、現地の平均社会賃金の最大18カ月分まで支給することが義務付けられています。例えば、上海では、従業員が不幸にも5級の障害を負った場合、会社は20万元の雇用手当に直面します。


また、従業員自身の医療費、給与の受給、給与停止期勞工保險
間中の介護費用など、実際に障害が発生した場合には、当社が多額の負担をしなければなりません。


したがって、労災保険の責任転嫁を行う場合、労災保険でカバーできない労災の責任に対応するため、使用者責任保険で補完し、会社のリスクを転嫁する必要があるのです。


労災の社会保険法人の構成が高くなっているのは、私たちの団体傷害保険があるからで、使用者賠償責任保険と団体傷害保険の比較表を見て展開してみましょう。


まず、団体傷害保険の性質が使用者責任保険や労災保険とは異なること、団体傷害保険は従業員の福利厚生保護の性格を持ち、我々のビジネスに責任を持つことはできないことを知る必要があります。団体傷害保険は従業員自身を対象とし、使用者責任保険は事業者を対象としています。つまり、従業員は団体傷害保険から補償を受けた後でも、当社事業者に対して請求することができます。


また、団体傷害保険は、一般に死亡、後遺障害、医療費、入院給付のみと比較的限定的であり、税額控除もできないが、労災保険や使用者賠償責任保険は税額控除が可能である。税金が控除されます。


ですから、私たちの会社が保険を設定する場合、設定する保険が何に役立つかを知ることが重要です。 団体傷害保険などの福利厚生保険を検討する前に、わが社の雇用リスクをカバーすることが望ましい。


最後に、労災社会保険、使用者責任保険、団体傷害保険の発展のためのさまざまな学習ポイントについて載せておきます。


相關文章:


使用者賠償責任保険とは何ですか?労災保険や団体傷害保険との違いは何ですか?


すでに会社の社会保険で労災保険に加入しているのに、なぜ使用者賠償責任保険が必要なのですか?


労災保険と使用者賠償責任保険の違いについて




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。